写真集「Swimming Pool」 マーリア・シュヴァルボヴァー (著)

May 13th , 2019

幾何学とパステルカラーの静謐な世界スロヴァキア発・世界が注目する写真集、日本初刊行! !

社会主義体制下の面影を残すスロヴァキアのプール施設を舞台に、凍りついたような人物たちが佇む白昼夢。
透き通るような色彩で幾何学的に構成された世界は、遠い未来のようであり、どこか懐かしさも感じさせる。
ハッセルブラッドマスターズアワード2018(アート部門)を受賞し、SNSでも注目を集める気鋭のスロヴァキア人写真家、待望の初写真集。

内容(「BOOK」データベースより)

マーリア・シュヴァルボヴァーの最大の作品である「Swimming Pool」は、現在も継続中のシリーズである。スロヴァキアの一風変わった場所を追い求める中で、公共の水泳施設という空間に魅了されたマーリア。プールへの陶酔から、やがて彼女は新しいビジュアルスタイルを確立することとなる。多くが社会主義の時代に建造されたという古いプールの、無機質で幾何学的な美しさが、マーリアの写真に独特な雰囲気を作り出している。彼女がとらえる厳格なまでに制御された風景は、まるで劇場の舞台のような印象を抱かせる。写真の中の人物は動きの途中であるのに、その姿からは楽しさも陽気さも感じられない。作品の中で凍りついたように佇む泳者たちは、プールのタイルのように滑らかで、シンと冷たい。色使いが、夢の中のような不思議な空間で優しく揺らぐ。そんなふうにレトロな雰囲気を醸しながらも、まるで全く未知の場所で撮られたかのような、どことなく未来的な感覚を私たちの心に呼び起こすのだ。著者の待望の初写真集。完全日本語版。ハッセルブラッドマスターズアワード2018受賞。

著者について

マーリア・シュヴァルボヴァー(Maria Svarbova)

1988年生まれ、スロヴァキア出身。大学で文化財修復と考古学を学んだ後、写真表現に活躍の場を移し、先端的な表現で注目を集める。
Instagramフォロワーは20万人を超える。日本では村田製作所の広告写真を手がける。

展覧会情報

「Maria Svarbova Asia Premier」 花博流行館(台湾) 2018年10月20日~11月18日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAGS