もちもち?ふわとろ?知られざる”シズル”の世界!「シズルのデザイン」刊行

August 22nd , 2017

「もちもち」「ふわとろ」「濃厚」「採れたて」……

近年、コンビニやスーパーにおける食品流通の変化やマスメディアにおける食のコンテンツ化、ソーシャルネットワークの普及により、食べものをめぐるコミュニケーションではシズル表現がますます大きな役割を果たすようになっています。

本書ではシズルを表現する言葉(シズルワード)を食感系、味覚系、情報系に区分し、デザイン事務所、メーカー58社による食品パッケージ計254点を分類調査。

シズルのトレンドを一望するチャートや第一線で活躍するデザイナー、フォトグラファーへのインタビューも収録し、先鋭化するシズルの世界をさまざまな角度から探ります。

「シズル」とは食品の味わいを想起させる表現を示す広告用語だ。「もちもち」 「ふわとろ」「ジューシー」「サクサク」など,近年,食を巡る産業やメディアにおいて「シズル」を表現する言葉(シズルワード)が盛んに用いられるようになった。

【おもな内容】

1章 「おいしい」言葉 シズルワードの基礎知識
2章 「おいしい」パッケージデザイン シズルワードで分けた食品パッケージ図鑑
3章 「おいしい」パッケージってなに? 食品パッケージの現在
特別インタビュー 佐藤卓
鼎談「シズルを作るデザイン、写真、そして言葉」小川裕子(小川裕子デザイン)、大手仁志(hue)、大橋正房(B・M・FT)

【著者について】

B・M・FTことばラボ
1990年設立のマーケティグ・リサーチ会社(代表取締役:大橋正房)。製品開発での分析、マーケティング戦略提案を行う。主著に『sizzle word シズルワードの現在』、『ふわとろ SIZZLE WORD』がある。

【書籍概要】

書 名:シズルのデザイン
編 著:B・M・FTことばラボ
仕 様:B5判、176ページ、フルカラー
定 価:本体2,600円+税
配本日:2017年8月8日
ISBN:978-4-416-61746-5
Amazon|http://amzn.to/2whUgKe

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAGS