MUJIが生まれる「思考」と「言葉」

May 19th , 2019

商品、コンセプト、働き方……「感じ良さ」を目指すプロセスのすべて

「大戦略は『役に立つ』」
「手の痕跡のあるものづくり」
「心においしい商品」
「媚びず、驕らず、でしゃばらず。」
「これのどこがMUJIなの?」
「ローカルから始める未来」
「生活が美しくなれば、社会はよくなる」……。

「MUJI(無印良品)」は、どうやって生まれるのか。
どうして生まれたのか。これから、どうなるのか。

「商品・コンセプト」の考え方から、それを実現する
「これからの企業の姿」にまで言及。

内容(「BOOK」データベースより)

「心においしい商品」「手の痕跡のあるものづくり」「これのどこが無印良品?」…感じ良さを目指すプロセスのすべて。

著者について

●株式会社良品計画:「無印良品」の企画開発・製造から流通・販売までを行う製造小売業として、衣料品から家庭用品、食品など日常生活全般にわたる商品群を展開する。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAGS