「写植書体」をめぐる読書エッセイ「文字の食卓」。39書体を食になぞり、慈しむように、思い出と思い入れをたっぷりに紹介。

November 13th , 2017

昨今、加速度をつけ急激にDTPに取って変わられ消えていく「写植書体」を、使用された名文とともに紹介する「文字と言葉をめぐる読書エッセイ」。

石井細明朝、中ゴシック、太ゴシック、ゴナ、ナール、タイポス、淡古印、本蘭明朝……。戦後の印刷文化を支えてきた最も重要な道具である「写植書体」。その種類は数十をかぞえ、使用用途は日本語の印刷にかかわるすべて、雑誌、書籍、漫画はいうにおよばず、商品のパッケージ、テレビ放送のテロップなどあらゆる分野に渡りました。

読む者の「目」を意識した洗練された文字デザイン。『文字の食卓』では39書体をとりあげ、ひとつひとつ食になぞり、慈しむように、思い出と思い入れをたっぷりに紹介。

目次

ビスケットの文字◉石井中ゴシック
チューインガムの文字◉石井細明朝ニュースタイル
炊きたてごはんの文字◉石井太明朝ニュースタイル
氷彫刻の文字◉精興社書体
肉の文字◉ゴナ
卵の文字◉ナール
夜食の文字◉石井中明朝ニュースタイル
スパイスの文字◉タイポス
缶ドロップスの文字◉岩田明朝体
湯気の文字◉淡古印
果実の文字◉本蘭明朝
発酵する文字◉モトヤ明朝
ゼリーの文字◉石井中明朝オールドスタイル
機内食の文字◉凸版明朝体
豆の文字◉石井中ゴシック小がな
アイスクリームの文字◉スーボ
骨の文字◉ゴーシャ
スープの文字◉日活明朝体
バターの文字◉アンチック中見出し
おべんとうの文字◉新聞特太ゴシック
微炭酸の文字◉石井太明朝オールドスタイル
花の文字◉リュウミン
給食の文字◉光村教科書体
ビタミンの文字◉ゴシックMB101
蜜の文字◉艶かな
塩の文字◉秀英細明朝体
キャラメルの文字◉石井細明朝体横組み用かな
貝の文字◉ファニー
カレーライスの文字◉イナブラシュ
煙草の文字◉アンチック大見出し
きのこの文字◉ツデイ
ヨーグルトの文字◉ナカフリー
蠟燭の文字◉良寛
魚の文字◉秀英初号明朝
こんぺいとうの文字◉石井太丸ゴシック
滴る文字◉A1明朝
ミントの文字◉ボカッシイ
満腹の文字◉大蘭明朝
珈琲の文字◉石井太ゴシック
あとがき

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAGS