HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本

May 25th , 2019

「4つのレイアウトパターン」と「レスポンシブデザイン」を実際に手を動かして作りながらサイト制作のきほんが学べる!

本書はWeb制作の基礎言語であるHTMLやCSSの書き方だけでなく、多くのWebサイトが採用している4つのレイアウト手法を学ぶことで、1冊を読み終えると各言語の知識とWebデザインの基礎が身につく作りとなっています。Webデザインの新しい手法を積極的に紹介しつつ、実際の制作現場で使われている堅実な手法もバランスよく取り入れ、学習用ではない「現場で役に立つ」実践的なテクニックを数多く盛り込みました。また、Webサイト制作を楽しく学ぶため、サンプルサイトの見映えにもこだわりました(完成後は手を加えて読者のプロフィールサイトとして利用可能)。ライブ感のあるチュートリアル学習により、まるでWebデザイン会社でOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)を受けているような体験型の独習書です。サンプルデータのダウンロードサービス付き。

出版社からのコメント

【本書の対象読者】

・はじめてHTMLやCSSを学び、これからサイト制作をはじめる方
・超初心者ではないが未経験からWebデザイナーを目指している方

【学習のしかけ】

はじめて学ぶ方には
・1つのサンプルサイトで4つのレイアウト手法が学べる
・チュートリアル形式でHTML5とCSS3の基本が身につく
・言語の解説だけでなくWebデザインの基礎についても解説
・レスポンシブデザインによるマルチデバイス対応がわかる
・見映えのよいデザインのサンプルサイトで楽しく学べる

Webデザインの現場を知りたい方には

・CSSだけで背景画像を全画面表示にできる
・疑似要素や擬似クラスを積極的に使用している
・Webフォント(Google Fonts)を採用している

などの新しい技術から、制作現場で実績のある実践テクニックまでをサンプルサイトのソースコードに盛り込みました。

▼本書の構成

Chapter 1 知っておきたいサイトとデザインのきほん知識
Chapter 2 サイト制作の前に準備しておくこと
Chapter 3 知っておきたいHTMLのきほんと書き方
Chapter 4 知っておきたいCSSのきほんと書き方
Chapter 5 フルスクリーンページを制作する
Chapter 6 シングルカラムページを制作する
Chapter 7 2カラムページを制作する
Chapter 8 グリッドレイアウトページの制作と動画の埋め込み
Chapter 9 問い合わせページを制作する
Chapter10 マルチデバイス対応ページを制作する
appendix ポートフォリオサイトをオリジナルに改変してみよう

内容

「4つのレイアウトパターン」と「レスポンシブデザイン」を、実際に手を動かして作りながら、サイト制作の基本が学べる!ライブ感のあるチュートリアル学習により、まるでWebデザイン会社でOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)を受けているような、体験型の独習書です。

著者略歴

服部雄樹

愛知県名古屋市出身。2014年までインドネシア・バリ島で活動し、世界各国のクリエイターと交流。多くの海外案件に携わる。帰国後、服部制作室を設立。Webサイトの制作だけでなく、Jimdo、g.o.a.tなど各種WebサービスのテンプレートデザインやUI設計、セミナー登壇、書籍の執筆など精力的に活動中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAGS