全国の書店員がオススメするNo.1コンピュータ書『1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座』が2019年度CPU大賞「書籍部門」大賞受賞

March 23rd , 2020

本書は、Webサイト制作に必要なスキルを身につけられるのに加え、豊富なサンプルを通してWebデザインも同時に学べるのが特徴です。書店員や読者からも「わかりやすい」「デザインが美しい」という圧倒的な支持を得て、大賞に選ばれました。2019年3月の刊行以来、全国の多くの書店でもランキング1位を獲得。現在9刷まで増刷し、「Webデザイン」「Web制作」のジャンルとしては2019年で最も売れた書籍になります(日販調べ)。

【読者の声】
「Webサイト作りの最初の一歩に最適」
「他のどの書籍よりも、わかりやすい」
「サンプルが満載で、上級者でも参考になる」

書店員さんが、いま一番オススメしたいコンピュータ書である本書。「サンプルがおしゃれ」という声も多く、書店などで、ぜひお手に取って、実際にページを見ていただけますと幸いです。

【書籍概要】『1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座』

著者:Mana
本体価格:2,260円+税
判型:B5変
ページ数:280ページ
発行元:SBクリエイティブ株式会社
ISBN:978-4-7973-9889-2
詳細ページ:https://www.sbcr.jp/product/4797398892/

【著者プロフィール】

Mana

日本で2年間グラフィックデザイナーとして働いた後、カナダ・バンクーバーにあるWeb制作の学校を卒業。カナダやオーストラリア、イギリスの企業でWebデザイナーとして働いた。現在は全国各地でWeb関連のセミナーに登壇し、Webサイト制作のインストラクターとして教育に携わっている。ブログ「Webクリエイターボックス」は2010年日本のアルファブロガーアワードを受賞。

【受賞の声】

Mana(著者)

Webサイト制作やデザインの楽しさを伝えたく、ブログをはじめたのがちょうど10年前の2010年でした。10年という節目でこのような栄えある賞をお贈りくださり、大変感慨深く、心より感謝申し上げます。
Webサイト制作は覚えることが多い上、その範囲はとても広いです。そんな中で少しでも「できた!」「楽しい!」と感じられる瞬間が見つかるといいなと思い、ひとつの書籍として完成させました。
昨今ではリモートワークという働き方も注目されており、新しいスキルにとWebデザインに興味を持った方も多いでしょう。この本が多くの人の働き方を、Webサイト制作ライフを、変えるきっかけになれれば光栄です。

鈴木勇太(担当編集)

書店員さんが選んだCPU大賞「書籍部門」は私にとって憧れの賞でした。このような名誉ある賞をいただき大変光栄です。
「HTML & CSS」はコンピュータ書の定番の内容になりますが、本書はここに「Webデザイン」の要素を取り入れているのが特徴になります。
また、技術の移り変わりが激しいWeb業界ですので、できる限り最新技術の解説に絞りました。これから先も長く使える「今のスキル」を身につけてもらえるように心がけております。
本書を執筆していただいた著者のMana様、たくさんの読者様に本を届けてくださった書店員様、本を読んで学習していただいている読者様、心より感謝いたします。この度は本当にありがとうございました。

【2019年度CPU大賞「書籍部門」大賞とは】

2019年1月1日から12月31日に発売された書籍を対象に、CPU加盟の全国主要書店147店舗のコンピュータ書籍の担当者による投票で、最も票数が多かった書籍が選定される。

【投票した書店員の声】

「タイトルの通り、1冊で必要なスキルを学ぶことができる入門書としてお薦めしたい書籍」
「Webデザイン入門書として圧倒的な売上であった」
「苦手意識を持たずに、楽しく取り組める1冊」
「Web制作の初心者から最新技術を学びたい人まで満足できる1冊」
http://www.computerbook.jp/archive/detail/5798

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAGS