新装版 日本字フリースタイル・コンプリート: たのしい描き文字 2100

May 23rd , 2019

「描き文字」のバイブル的書籍が、装いをあらたに再登場。

1969年の刊行以来、高い評価を得てきた名著であり、
描き文字の見本帳である『日本字フリースタイル700I』、『同II』(1976年)、『同III』(1981年)。

その内容を一冊に再編集し、あらゆるスタイルの描き文字、計2,111作品を網羅した復刻版(2013年)の新装版。
再刊にあたってレタリングの基礎を解説する付録ページを新規収録した。

掲載作品すべてに作品番号と描くときの注意点が記されており、レタリングのノウハウ本として、
またクライアントとイメージを共有するための見本帳として役立つ。
デザイン、出版、広告業界にかかわる人から文字ファンまで必携の一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

1969年の刊行以来、高い評価を得てきた名著であり、描き文字の見本帳である『日本字フリースタイル700 1』『同 2』(1976年)『同 3』(1981年)。その内容を再編集し、あらゆるスタイルの描き文字、計2,111作品を網羅した復刻版(2013年)の新装版。新装版だけの特別付録付。

著者について

稲田 茂:1928年生まれ。1946年より広告、グラフィックデザイン、書体デザインの仕事をはじめる。代表的な書体として、「イナブラシュ」(1982年)、「イダシェ」(1984年)、「イボテ」(1985年)、「イナひげ」(1985年)、「イナクズレ」(1989年)、「イナピエロ」(1993年)、「昭和モダン体」(1999年)、「民芸体」(2002年)などがある。2000年からは「えびすフォントライブラリー」にて同氏が手がけたフォントが販売されている。2009年逝去。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

稲田茂
1928年生まれ。1946年より広告、グラフィックデザイン、書体デザインの仕事をはじめる。2000年からは「えびすフォントライブラリー」にて手がけたフォントが販売されている。2009年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAGS