フィルムカメラの愛好者におくる『超簡単フィルムのデジタイズ ニコンD850の活用法』発行 大切なフィルムをデジタル化して保存する方法   

May 22nd , 2019

インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&Dは、『超簡単フィルムのデジタイズ ニコンD850の活用法』(著者:山野 泰照)を発行いたします。

『超簡単フィルムのデジタイズ ニコンD850の活用法』

https://nextpublishing.jp/isbn/9784844396932

1990年代半ばから普及し始めたデジタルカメラ。今や、「カメラといえばデジタルカメラ」というほどに浸透していますが、写真は長い間、フィルムや印画紙をベースとした銀塩写真のシステムで成り立っていました。
この銀塩写真のシステムは、インターネットなどのデジタルの世界における活用には馴染みにくいものの、多くの写真愛好家がフィルムに記録されている情報を将来に向けてデジタルデータとして残したい、活用したいと思っていることでしょう。
その一方で、デジタルカメラから初めて写真を楽しむことを経験した方が、フィルムを用いた表現に惹かれているというような話も聞かれるようになりました。フィルムが、過去の貴重な画像遺産として存在しているだけでなく、新しい表現の手段としても利用されています。
そのような中、ニコンのデジタル一眼レフカメラ「D850」にネガフィルムデジタイズという機能が搭載されました。単にフィルムをデジタル化するだけではなく、処理が難しかったネガフィルムの色や階調の反転などをカメラがやってくれるようになったことで、全体の作業が格段に楽になりました。
本書は、フィルムカメラで撮影されたフィルムを、デジタルカメラを用いてデジタイズする方法を紹介した一冊です。ニコンD850のネガフィルムデジタイズ機能に加え、ソフトウェアを使用したネガポジ変換もわかりやすく説明しています。これからフィルムデジタイズを楽しみたい人におすすめの解説書です。
(本書は、次世代出版メソッド「NextPublishing」を使用し、出版されています。)

目次

はじめに
第1章 フィルムデジタイズとは
第2章 フィルムを撮影する機材
第3章 フィルムの種類とデジタイズの考え方
第4章 フィルムデジタイズアダプターES-2
第5章 D850 のネガフィルムデジタイズ機能
第6章 カラーポジフィルムの撮影
第7章 カラーネガフィルム/モノクロネガフィルムの撮影
第8章 Capture NX-D でネガをポジに変換する
第9章 Photoshop CCでネガをポジに変換する
第10章 ニコンデジタルシステムカメラの設定
Q & A
おわりに

著者紹介

山野 泰照(やまの やすてる)

写真家、写真技術研究家。1954年、香川県生まれ。1970年代から天文雑誌での作品発表や記事の執筆を行う。
2000年以降、デジタルフォト、デジタル天体写真に関する発表や記事を多数手掛け、著書として「デジカメではじめるデジタルフォトライフ」、「驚異! デジカメだけで月面や土星の輪が撮れる—ニコンCOOLPIX P900天体撮影テクニック」などがある。2017年までカメラメーカーに勤務したのち独立。
一般社団法人日本写真学会会員(SPIJ)、公益財団法人冷泉家時雨亭文庫会員。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAGS