デザインノート No.85: 最新デザインの表現と思考のプロセスを追う

May 22nd , 2019

特集:ロゴ&マークのお手本。

令和元年を迎え、目まぐるしく変化をする時代。
ロゴ&マークのあり方も、企業やブランドがさらに輝くために、社会環境に適応していく必要がある。

そのため、従来のロゴ&マークのスタイルを追従するのではなく、時代とともに個性をさらに際立たせている。
その企業やブランド、商品が持つイメージやメッセージを、ひとつのカタチに集約し、唯一無二のデザインに仕上げる。

その根底にあるのは、ロゴ&マークをいかに機能させることができるか、ということ。
デザイナーは最善の形を導くために、専門知識を駆使して多くの時間と労力を惜しみなく使うのだ。

本特集では、果敢にデザインを追求している11人のアートディレクターの仕事を紹介

最新の仕事や考え方に触れ、これからの時代に必要なデザインにおける思考を探るとともに、クリエイションに迫ってみた。

■CONTENTS

特集:ロゴ&マークのお手本。

日本デザインセンター 色部義昭
iyama design inc. 居山浩二
good design company 水野 学
canaria 徳田祐司
CEMENT PRODUCE DESIGN 金谷 勉
FRAME 石川竜太
DRAFT 福澤卓馬
woolen 福岡南央子
HIDAMARI 関本明子
Allright Graphics 髙田 唯
BULLET Inc. 小玉 文

●グッドデザインカンパニーによる表紙デザイン メイキング
●CULTURE NOTE[カルチャー編]

●連載:佐藤可士和の視点とデザイン
ボーダーレスな時代から生まれる軽やかで自由なクリエイション
NIGO(R) × 佐藤可士和
(NIGO(R):ファッションデザイナー、ファッションディレクター、音楽プロデューサー、DJ、実業家)

●Creator’s Value Special Edition デザイナー19人の仕事
●クリエイターズ・バリュー ギャラリー

●ロゴ&マークの基礎知識

著者について

デザインノート編集部

デザイン、イラストレーションなど数多のクリエイションに知見のあるスタッフで構成された編集チーム。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAGS