最高のオペレーションを創る!業務デザインの発想法

May 15th , 2019

業務デザインの発想法 ~「仕組み」と「仕掛け」で最高のオペレーションを創る 単行本(ソフトカバー)

累計21万部の問題地図シリーズ著者・最新作! 業務の付加価値を最大に、トラブルを最小にするノウハウを集大成! ハンバーガーショップの運営を例に、業務を設計するための観点がわかります

★累計21万部突破の問題地図シリーズ著者のノウハウ山盛り!
★「RPAを導入! 」…した後の「抜け漏れ」「想定外の変更」で苦労しないために

「既存の業務をよりよく改善しよう」
「今までにない価値を提供する新しい業務を立ち上げよう」

という話が、いつの間にか「とにかく、納期優先! 」「細かいことは、後で考えればいい」となって、後になって「わかりにくい、こんなもの使えるか! 」「かえって手間が増えたんですけれど……」とクレームの嵐に――そんな事態を防ぐには?

累計21万部の問題地図シリーズを生み出した業務改善・オフィスコミュニケーション改善士である著者が、ハンバーガーショップの運営を例に、業務を設計するための観点を集大成。

「業務や機能の要件を抜け漏れなく洗い出すためには?」
「業務の変化をとらえて、適切に対応できるようにするには?」
「不要な業務をやめるには?」
「利用者を、意図した行動に導くには?」
「あたりまえの業務を、あたりまえに提供するには?」
「業務の付加価値を高めるには?」
「人と組織を継続的に成長させるには?」

そんなさまざまな“どうすれば”をまとめ上げました。

生産性向上の必須バイブル!

出版社からのコメント

「業務や機能の要件を抜け漏れなく洗い出すためには?」
「業務の変化をとらえて、適切に対応できるようにするには?」
「不要な業務をやめるには?」
「利用者を、意図した行動に導くには?」
「あたりまえの業務を、あたりまえに提供するには?」
「業務の付加価値を高めるには?」
「人と組織を継続的に成長させるには?」
さまざまな観点と“どうすれば”を集大成!

内容(「BOOK」データベースより)

「業務や機能の要件を抜け漏れなく洗い出すためには?」「業務の変化をとらえて、適切に対応できるようにするには?」「不要な業務をやめるには?」「利用者を、意図した行動に導くには?」「あたりまえの業務を、あたりまえに提供するには?」「業務の付加価値を高めるには?」「人と組織を継続的に成長させるには?」よりよい業務にするための“どうすれば”を集大成。

著者について

沢渡あまね(さわたり あまね)

1975年生まれ。
あまねキャリア工房代表。
業務改善・オフィスコミュニケーション改善士。
日産自動車、NTTデータ、大手製薬会社などを経て、2014年秋より現業(経験職種は情報システム、
ネットワークソリューション事業部、広報など)。
複数の企業で働き方改革、組織活性、インターナルコミュニケーション活性の企画運営支援・講演・執筆などを行う。
NTTデータでは、ITサービスマネージャーとして社内外のサービスデスクやヘルプデスクの立ち上げ・運用・改善や
ビジネスプロセスアウトソーシングも手がける。
著書に『職場の問題地図』『仕事の問題地図』『働き方の問題地図』『システムの問題地図』
『マネージャーの問題地図』『職場の問題かるた』(技術評論社)、
『チームの生産性をあげる。』(ダイヤモンド社)、
『新人ガールITIL使って業務プロセス改善します!』『運用☆ちゃんと学ぶ システム運用の基本』(C&R研究所)
などがある。趣味はダムめぐり。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAGS