【アート業界を活性化】クレイジーなアーティストを育てるアトリエ&ギャラリーをつくるクラウドファンディングが始動

May 22nd , 2019

24時間使えるアトリエで、アーティストに充実した創作環境とビジネスチャンスを提供する

株式会社Univearthは、2019年2月に起業したばかりのスタートアップ。代表の谷口は、起業するまでにカメラやWebデザインの仕事をする中で、世界と比べ日本人のアートへの関心の低さを目の当たりにする。創作だけで生活できるアーティスト、一般の方がアートを購入する習慣など、もっと日常にアートが寄り添えば日本が活性化すると考え、アート事業への参入を決めた。成功への第一歩として、今回アトリエ&ギャラリーのプロジェクトを始動する。

アトリエ&ギャラリーのスペースとして改装予定の物件は、三階建てのビルである。一階は、ギャラリー、カフェ、事務所。二階と三階、屋上は制作ができるアトリエ。プロジェクトのメインであるアトリエは、十分な制作スペースを確保しにくいアマチュアのアーティストをターゲットにしている。月額10,800円〜の会員制で、24時間いつでも作業が行える共同のアトリエだ。画材も使い放題なのでアーティストは創作だけに集中でき、限界を超えたクレイジーな作品をつくる設備・空間が手に入る。今後は、最寄りのアトリエで創作できるように日本各地に増設予定だ。
一階のギャラリーは、会員が創作した作品を展示し、訪れた人は気にいる物があればそこで購入ができるシステム。作品が商品として評価される場所を作ることで、アーティストのプロ意識を養う。

また、会員のアーティストをマネジメントするサービス(月額500円〜)も行う。国内はもちろん、海外へのプロモーションにも力を入れていて、欧米・アジア各地の現地キュレーターによる展覧会の開催や、作家プロフィールや作品の概要をきちんと英訳した上で各国のアートシーンに紹介していく。当社の持っているWeb制作スキルを活かし、国内向けHPの他に海外向けにSEO対策を施したHPも作り、全文英訳をして公開する。他には、プロによるコーチングや心理カウンセリングなども導入予定だ。

最近、日本ではアートを取り入れた考え方「アート思考」が注目され始めている。アーティストは 0 から1を生み出すことに長けた存在であるが、現在の日本ではアーティストが活躍できる場所が少なく、将来に不安を感じ途中で創作をやめてしまう傾向がある。そのせいで、プロのアーティストは一定以上増えていかない。そこで私たちは、アーティストが多くの仕事を得て自由に創作できる環境を整えることに力を注ぐ。これにより、世の中を変える斬新なアイデアがどんどん生まれ、日本がより豊かになっていくのではないかと考えている。

アーティストが活躍できる場所は、ギャラリー以外にも増やしていく。現在、開発を進めているのはアート作品をいろいろな形で購入できるプラットフォーム。好きなグッズ(クッションカバーやマグカップなど)や室内装飾品(額縁やカーテン、ポスターなど)に簡単な操作で注文でき、手軽な価格でアートを購入できる。

私たちが、アーティストの活躍できる場所を増やす中で、成功していくアーティストには、他のアーティストに対しての講義などを行い、アマチュアのアーティストからプロのアーティストになるまでのプロセスを確立していく。
プロジェクトを進めていくメンバーは、自らが創作をしているアーティストだ。アーティストたちが何を求めているのか、何に悩んでいるのか自身の経験を通して、今後サービスを提案していく。

プロジェクトの始動に伴い、4月26日より随時、PRイベントを開催予定。
カフェやレコードショップ、古本屋、ギャラリーなどアーティスティックな場所でのイベントを行う。ライブペイントや音楽、作品展示など、プロジェクトの主役である多くのアーティストと共に、イベントを作り上げる。アート好きな一般の方や活動中のアーティストに認知してもらうため、来場した方へ向けてプロジェクトの概要やサービス内容を説明するブースも設ける。

【PRイベント日程】

・4月26日(金) 心斎橋 @G.R Cafe Terrace
・4月28日(日) 布施 @エジプトレコーズ
・5月9日(木) 文の里 @居留守文庫
・5月24日(金) 北加賀屋 @音ビル [仮]

株式会社Univearth
HP:https://corp.univearth.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAGS