12/11(月)より、東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードをジャック 体験型屋外広告「ドラゴンクエストXのきせき」

December 5th , 2017

『ドラゴンクエストX オンライン』サービス開始5周年記念、全長80mの体験型屋外広告が登場 お笑い芸人 鉄拳によるパラパラ漫画ムービー『冒険者たちのきせき』EPISODE 3も屋外広告にて初公開

 この「ドラゴンクエストXのきせき」(http://www.dqx.jp/5thanniversary)では、『ドラゴンクエストX』の5周年を記念して、合計5つの見どころを用意しています。今までの『ドラゴンクエストX』の“軌跡”や、鳥山明氏のキャラクターデザインを楽しめるミュージアムや、プレイヤーの皆様の想い出の写真で創り上げたモザイクアート、フラッシュ撮影すると何かが起こる窓枠…など、全長80mにも及ぶ、見応えのある屋外広告となっております。

 さらに、『ドラゴンクエストX』サービス開始からの5年間の“軌跡”のなかで生まれた“奇跡”のようなエピソードを基に映像化するプロジェクト、『冒険者たちのきせき』の最新作、EPISODE 3「時と場所を越えて、アストルティアで出会って」を、当屋外広告内にて初公開いたします。第三弾は、お笑い芸人の鉄拳さんが手掛けるパラパラ漫画によるムービーとなっており、合計1,500枚を超える大作を、ぜひ70インチの大画面にてお楽しみください。

■体験型屋外広告「ドラゴンクエストXのきせき」概要

●キャンペーンサイトURL
「ドラゴンクエストXのきせき」
http://www.dqx.jp/5thanniversary

開催場所


東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナード

■「冒険者たちのきせき」 プロジェクト概要

「冒険者たちのきせき」は、サービス開始から5年間の“軌跡”の中で、実際にプレイヤーが体験した“奇跡”のエピソードを基に映像化するプロジェクトになります。国内最大級のオンラインゲームだからこそ生まれる「遠く離れた家族、友人とつながることができた」「知り合ったフレンドと結婚することになった」などといった、「『ドラゴンクエストX』を通じて、人と人との温かいつながりが生み出した奇跡のドラマ」を特設サイトで募集。プレイヤーの皆様からいただいた、総数200以上のエピソードの中から、3つの感動的なストーリーを選出し、そのエピソードを基に各業界のプロフェッショナルをスタッフィングし、オリジナル作品として映像化しています。12月11日(月)にはお笑い芸人の鉄拳さんが制作したパラパラ漫画を活用した、EPISODE③「時と場所を越えて、アストルティアで出会って」を公開する予定です。

■ 『ドラゴンクエストX』 制作スタッフ

● 制作・開発:株式会社スクウェア・エニックス
● ゼネラルディレクター:堀井 雄二
● キャラクターデザイン:鳥山 明
● 音楽:すぎやまこういち
● ディレクター:安西 崇
● プロデューサー:齊藤 陽介
● コピーライト:© 2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO ℗ SUGIYAMA KOBO

■Rainbow Film™について

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスは、光に反応する特殊素材「Rainbow Film(レインボーフィルム)」を活用した新しい体験型広告を提供します。
Rainbow Filmは一見、黒いフィルム(又はミラー)ですが、スマートフォン、デジタルカメラでフラッシュ撮影すると光に反応し、綺麗なフルカラーグラフィックを楽しめます。スマートフォンを通じて人と広告の関係を変える新しい技術として注目されています。
Rainbow Film™ / PAT.P / SONY DIGITAL ENTERTAINMENT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAGS