イデーより暮らしに新しい彩りをもたらすサイドファニチャーが新登場

May 12th , 2017

3つのサイドファニチャーシリーズが登場
RIB/ACT MOBILE LAMP/FUMIDAI

遊び心と柔軟さを持つプロダクトは、さまざまな生活の中へと入り、その人らしい色彩や楽しさを纏い輝きます。この春、使う人のアレンジよって空間に変化を、暮らしに新しい彩りをもたらす3つのサイドファニチャーシリーズが登場します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

RIB

丸、正方形、二等辺三角形という単一的な天板の形状のサイドテーブルシリーズ。図形的、幾 何学的、直線的デなデザインにインスピレーションを受けたコンセプチャルな形状ながらも収納力のある機能的なアイテムです。表情を愉しむリノリウムの天板は経年変化する質感が魅力です。
「“付け足す家具”という考えのもと、様々な家具との調和を意識した三種のテーブルのデザインを試みました。出来るだけ少ない要素で構成することが調和に繋がる一つの手段と捉え、脚部、棚部に使用されているスチールパイプは全て同一の径で構成し、スチールパイプをマットな仕上げにすることで、あたかもテーブルトップのリノリウムと同じ素材のような見え方になっています。丸、正方形、二等辺三角形を天板の基本形態とし、脚部は直線的にまとめ、部屋に馴染み易いデザインにしています。脚部の形状から”骨”をイメージさせるため“RIB”と命名しました。」(デザイナーによるコメント)

デザイナープロフィール
藤城 成貴 Shigeki Fujishiro

1998年、株式会社イデーに入社。定番商品及び、特注家具のデザインに携わる。2005年にshigeki fujishiro designとして独立。Saito Wood(Japan)、IDÉE(Japan)、RS Barcelona(Spain)、Hermes petit h(France)、HAY(Denmark)、2016/arita(Japan)、dosa(U.S.A)などさまざまなブランドと契約。家具だけでなく、adidasのスニーカーやHermes petit hのアートワーク等を手掛けている。

ACT MOBILE LAMP

凛とした佇まいのモビールそのものが光を放つ、遊び心あるペンダントランプです。オリジナルで開発された特殊なケーブルが本体を連結し、その内側に集光レンズを組み込むことで管の中で拡散する光を効率よく集めます。オブジェの先端からの光線は美しくしっかりと照射され、照明としての実用性も兼ね備えます。
「これまでに見たことのないライティングパフォーマンスで驚きを与えてくれるACT MOBILE LAMPは、キネティックアートとその絶え間ない変化にインスピレーションを受けています。縦横のチューブは、動きのあるエレガントな灯りの輪を造り出すことを考え入念なバランスに配されています。ACTは、幾何学的な存在感を強く持ちつつ明るさに満ち、ミニマルでありながら同時にポエティックでもあるオブジェです。」(デザイナーによるコメント)

デザイナープロフィール
hristian Haas クリスチャン ハース

ドイツ生まれ。ミュンヘンを拠点として活動を始める。2007年にはパリにスタジオを構え、磁器、ガラス製品、照明、家具、インテリアデザインと様々な分野へとデザイン活動を広げる。2014年後半からはポルトガルのポルトをスタジオの拠点としている。Rosenthal、Villeroy & Boch 、Karimoku New Standard、2016/ arita、Theresienthalなど、世界の名だたるブランドにデザインを提供。平静さとスタイルとを遊び心のあるハーモニーで表現する彼の作品は、純粋でインスピレーションを感じさせるラインを用いて表現されている。

FUMIDAI

日本の古来のモチーフにして、現代的な機能とフォルムに落とし込んだBIG-GAMEならではのサイドファニチャーです。古き良き日本のどこの家庭にもあった踏み台をスツールに、いま新しい素材で生まれ変わります。
「クラシックな日本の家具の一つである「踏み台」を、箱として、スツールとして、また本来の踏み台としての用途を融合させたデザインに発展させました。BIG-GAMEデザインによるFUMIDAIは、天板にコルクを使うとともにプロポーション自体を見直しています。多機能さを兼ね備えたFUMIDAIは、日本のコンパクトな住まい方の中で使い勝手の良い仲間となってくれることでしょう。」(デザイナーによるコメント)

デザイナープロフィール
BIG-GAME ビッグ-ゲーム

オーギュスタン・スコット・ドゥ・マルタンヴィル(フランス)、グレゴワール・ジャモノ(スイス)、エルリック・プティ(ベルギー)の3 名により2004 年にBIG-GAME を設立。現在はスイスのローザンヌを拠点に活動。さまざまなプロジェクトを手がけ、Alessi、Hay、Karimoku New Standard、Magis、無印良品、Nespresso、Opinel、Galerie Kreoなど、多くのブランドへ商品デザインを提供している。BIG-GAMEはスイスデザインアワード、iFデザインアワードをはじめとして受賞歴も多く、また彼らの作品はニューヨーク・MoMA、パリ・ポンピドゥセンターなどの世界的美術館の展示コレクションにも加えられている。

TAGS