総務省後援!自然豊かな地方で最先端の仕事を。全国のIT企業に会える「OFF TOKYO MEETUP2017」開催。宮崎謙介が登壇

November 13th , 2017

ヤフー、セールスフォース・ドットコム、ChatWork、面白法人カヤックなどユニークな企業が集結

東京にこだわらない働き方を支援するTEAM OFF TOKYOは、2017年11月11日(土)「OFF TOKYO MEETUP2017」を開催。全国各地からIT企業・IT先進エリアの自治体が大集結する。メインセッションのまつもとゆきひろ氏と柳澤大輔氏の対談では、前衆議院議員の宮崎謙介がファシリテーターを務める。

東京で働く人の多くが、満員電車や都会での圧迫した生活にストレスを感じ、体調を崩したり休職する人たちも増えています。自然豊かな地方での生活を夢見つつも、仕事がないのではと諦め、東京で転職活動を繰り返す人たちが多いのもまた事実です。
そんな時代の流れを受け、東京にこだわらない働き方を支援する「TEAM OFF TOKYO」は、2017年11月11日(土)東京タワーのふもとで『OFF TOKYO MEETUP2017』を開催、イベントでは全国各地にある”東京以上の”仕事ができるIT企業が集結し、東京では実現できない新しい働き方、豊かな暮らし、地方だからこそできるサービス開発など、自社の魅力を各社のブースで語ります。

■出展企業

ヤフー(名古屋・大阪・博多・北九州)/セールスフォース・ドットコム(白浜)/ChatWork(大阪・神戸)/面白法人カヤック(鎌倉)/freee(大阪)/GMOぺパボ(福岡)/GMOクラウド(北九州)/オプト(仙台)/エニセンス(福岡)/チェンジ・ザ・ワールド(酒田)/ワイヤードビーンズ(仙台)/ブライトシステム(大阪)/モンスター・ラボ(松江)/ネットワーク応用通信研究所(松江)/メンバーズエッジ(仙台・北九州)/ダンドリワークス(日南)※順不同

■出展自治体(IT先進エリア)

札幌市、仙台市、横浜市、神戸市、和歌山県、島根県、徳島県、福岡市、北九州市、宮崎県

開催概要

日時:2017年11月11日(土)12:00~18:00(11:30開場)
場所:STAR RISE TOWER 5F「Studio Earth」(東京タワーに隣接)
参加者:ITエンジニアを中心に、Webデザイナー、ディレクターなどIT関連職種多数
主催:TEAM OFF TOKYO(シビレ株式会社、8infinity株式会社、株式会社am.、株式会社PR Table、株式会社東京リサイクル、合同会社laJapan、福岡移住計画)
後援:総務省
協力:株式会社NTTドコモ、Sansan株式会社、株式会社ネットワーク応用通信研究所、宮崎県、五島市、CData Software Japan、株式会社ワークスアプリケーションズ
メディア協賛:@IT、TURNS
URL:http://www.sibire.co.jp/offtokyomeetup2017

地方で活躍する人たちのセミナーも開催。東京に住まなくてもキャリアアップできる時代
通常の転職イベントと異なり、地方への転職という”挑戦”もかけたこのイベント。会場にはプロレスリングが置かれ、ZERO1選手のファイトでイベントは幕を開けるなど、「地方で働く」ことを楽しく考えられるよう、エンタメ要素が多く入った演出も行います。
その後のトークセッションも、プロレスリング上で開催。メインセッションである「地域を変えたイノベーター対談」では、Ruby開発者で島根県松江市在住のまつもとゆきひろさんと、面白法人カヤック創業者で神奈川県鎌倉市在住の柳澤大輔さんが初の対談を実現。お二人の対談を進行するのは、前衆議院議員であり、現在は地方課題を解決する事業に取り組む宮崎謙介さん。対談は13:00スタート予定。

■ゲスト登壇:まつもとゆきひろさん 柳澤大輔さん

■ファシリテーター:宮崎謙介さん


前衆議院議員。26歳で起業し日々奮闘する中で、社会の大きな問題に行きつき国政選挙に出馬し当選。2度の選挙を勝ち抜き、法案を作るなどし、志を実現する。大きな挫折の後に二度目の起業に踏み出す。現在は地方の課題のひとつであるIT人材を育成する事業を行う。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAGS