「アートアワードトーキョー 丸の内 2019」開催

May 19th , 2019
『イナシン木彫カーニバル丸の内編』 稲垣 慎 (東京藝術大学大学院)

若手アーティストの発掘・育成を目指す次世代アートイベント。歴代グランプリ受賞者の荒神明香氏や南川憲二氏がゲスト審査員として登場。

アートアワードトーキョー 丸の内 2019実行委員会は、6月5日(水)から6月20日(木)の期間、若手アーティストの発掘・育成を目的とした現代アート展「アートアワードトーキョー 丸の内 2019」(以下、A.A.T.M.)を開催いたします。

今年で第13回を迎えるA.A.T.M.では、審査委員が全国の主要な美術大学・芸術大学・大学院17校の卒業修了制作展を訪問し、約11,000点の中から発掘したノミネート作品90点より、さらに厳選した25名のアーティストによる作品を展示。最終日の6月20日(木)に、審査員による最終審査を実施し、グランプリや審査員賞、オーディエンス賞などの各賞を決定します。

さらに今年は、現代芸術活動チーム「目【mé】」のメンバーとしても活躍している、アートアワードトーキョー歴代グランプリ受賞者である、荒神明香氏(第一回グランプリ)や、南川憲二氏(第三回グランプリ)、また国内外の美術館で多く作品を発表し、丸の内仲通りにも作品が設置してある加藤泉氏が、ゲスト審査員として登場。加えて、会場のひとつとなる大手町仲通りでも初の屋外展示が実施され、街歩きをしながら誰もが気軽に多種多様なアートを楽しめる場を、エリア一帯で創出します。

丸の内エリアでは今後も、エリア就業者・来街者の方々とアートとを繋ぐ機会づくりに取り組むことで、文化・芸術にあふれ、創造性豊かな街づくりを発信してまいります。

※作品写真は一部展示作品と異なります。また、2019年3月卒業・修了時点の大学名を明記しております。

「アートアワードトーキョー 丸の内 2019」開催概要
Art Award Tokyo Marunouchi 2019

開催日程

2019年6月5日(水)~6月20日(木) 会期中無休

開催場所

行幸地下ギャラリー、新丸ビル3Fアトリウム、国際ビル1Fエントランス、大手町仲通り、新東京ビル1F

参加作家

芦川瑞季、新井あかね、伊藤夏実、稲垣慎、今井亮介、岩村拓哉、岡野紗咲、影山萌子、小嶋晶、小林椋、櫻井伽奈子、渋谷七奈、新宅加奈子、髙橋稜、谷口智美、中澤ふくみ、中根唯、丹羽優太、深川瑞恵、藤原葵、増尾遥、村松大毅、森茜、山本捷平、米村優人(敬称略・五十音順)

入場

無料

主催

アートアワードトーキョー 丸の内 2019実行委員会

特別協賛

三菱地所株式会社

後援

三菱一号館美術館、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

■最終審査発表会

開催日時 :6月20日(木)夕刻(予定)
開催場所 :丸ビル1F Marunouchi Café × WIRED CAFE

■アワード各賞

グランプリ / オーディエンス賞※ / 審査員賞 / 三菱地所賞 / 在日フランス大使館賞
※展覧会会期中、各会場にてお客様に投票いただき、決定します。

■審査員の紹介

・今村 有策氏(東京藝術大学大学院美術研究科 教授)
・木村 絵理子氏(横浜美術館 主任学芸員)
・後藤 繁雄氏(編集者、クリエイティブディレクター、京都造形芸術大学 教授)
・小山 登美夫氏(小山登美夫ギャラリー 代表、日本現代美術商協会 代表理事)
・高橋 明也氏(三菱一号館美術館 館長)
・建畠 晢氏(多摩美術大学 学長、埼玉県立近代美術館 館長)
・野口 玲一氏(三菱一号館美術館 学芸員)
・荒神 明香氏/南川 憲二氏(現代芸術活動チーム「目【mé】」メンバー)※ゲスト審査員
・加藤 泉氏(アーティスト)※ゲスト審査員

■「アートアワードトーキョー 丸の内 2019」展示作品(一部)


『別荘跡地』 影山萌子 (武蔵野美術大学大学院)


『標』 今井亮介 (東京藝術大学大学院)


『動的な均衡』 伊藤夏実 (女子美術大学大学院)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAGS