クリエイティブの祭典“AnyTokyo”が“歴史的建造物を舞台に復活!AnyTokyo2019テーマ:“Crazy Futures / かもしれない未来”

August 20th , 2019

AnyTokyo実行委員会は、2019年11月15日(金)~24日(日)、kudan house(東京・九段下)にて様々な分野の美しきデザインやアイデアが集結するクリエイティブの祭典“AnyTokyo(エニートーキョー)2019”を開催いたします。

AnyTokyoは、2013年度からスタートし、現在までのべ52組のクリエイターが出展、約3万人の方々にご来場いただきました。2015年に開催した国の重要文化財・増上寺から4年ぶり4回目となる本年は、“Crazy Futures /かもしれない未来”をテーマに、国内外からジャンルを超えた各分野のイノべーターたちが昨年登録有形文化財として登録された歴史的建造物、kudan houseを舞台に集結。プロダクト、ファッション、インテリア、建築、ロボティクス、コミュニケーション… 暮らしにイノベーションを起こすこれからのデザイン。ジャンルの垣根を超えた展示やトークイベントを行い、未来について出展者、参加者とともに考えます。私たちの想像力や創造力を刺激し、この場がきっかけとなって優れたビジネスモデルが生まれたり、社会課題の解決に繋がったりする。そんな“新しい何か” が 生み出される祭典を目指してまいります。

本年のアートディレクターはグラフィックデザイナー・美術家の田中義久氏、ロゴデザインはアートディレクター ・グラフィックデザイナーの井上嗣也氏が手がけます。また、AnyTokyoの趣旨と共鳴する志高い作品を募集いたします(2019年9月末締切予定)。ご応募頂き次第、審査・順次決定とし、第一弾の出展者発表は9月中旬を予定しています。引き続き、ご注目のほど、よろしくお願い申しげます。

本年のテーマ:“Crazy Futures / かもしれない未来”

未来はきっと、誰にもわからない。ただ一つ言えるとしたら、私たちが何を未来と認識し、何を強く信じるかで、道は変わるのだということ。だからこそ、新たな価値を生み出そうとする挑戦者たちを歓迎したい。彼らはときに不可解でクレイジーに見えるかもしれない。けれど、表層や論理や、地位や名誉にとらわれるのではないその先鋭的な感覚たちの先に、私たちの未来があると信じている。

主催者よりご挨拶

世の中にあふれるモノやサービス、テクノロジーたち。でも、一体、何のためにあるのだろう。そして、私たちは何を生み出してゆけばよいのだろう。豊かな暮らしのために、文化や経済を発展させていくために、社会問題を提起したり、新しいアイデアを実験したりしながら、参加者も来場者もみんなで未来をつくっていくようなフェスティバルができないか。そんな思いからAnyTokyoを立ち上げました。4年ぶりに開催するAnyTokyoでは、たくさんの才能が登場します。英知が集結し、重なり、溶け合い、新しい何かが生まれていく。私たちの未来は、そこから始まるはずだと信じています。僕自身、まだ見ぬ現象が楽しみでなりません。                          AnyTokyo 総合プロデューサー 田中雅人

▼開催概要

イベント名 AnyTokyo2019(エニートーキョー2019)
テーマ Crazy Futures /かもしれない未来
会期 11月15日(金)~24日(日)11:00-19:00
会場 kudan house(102-7703 東京都千代田区九段北1-15-9)
入場料 一般:¥1,000 / 学生:¥500
主催者 AnyTokyo実行委員会、株式会社AnyProjects
公式HP http://anytokyo.com/2019/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAGS